読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

目のつけどころがシャーフでしょ。

いやあ、これはおもしろい。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

虚構新聞に負けじと悪のりする企業のアカウントたち。

なかなかイキですね。きらいじゃないです。

 

そういえば、その昔、前の日に時代劇を見過ぎたのか、

「ござるござる!」と授業中に大騒ぎして歩き回っていた人がいたので、

 

「じゃあもう、今日はござるデーにしよう!みんな、今日はできるだけすべての発言にござるをつけるでござる!」

と宣言。

もう授業中もござるござるという中で、その子がうっかり座って授業を受けてしまう、みたいなことがあったなあ。

 

その日の休み時間、その子は廊下を走っていて、体育主任にしかられ、

「すみませんでした・・・ でござる・・

と付け足した。

 

ああ、さらに怒られる、そしてボクも怒られる・・・

みたいなことになるかと思っていたら、

体育主任腰に手をスッと持って行き・・・・

 

問答無用!

 

バサッと刀で切るジェスチャー。

 

うわあ・・・・

うれしそうに倒れるわんぱくたち。

イキだなあと思ったわけです。

それだけで、その子たち、満たされるんですよね。

 

『じごくのそうべえ』を読み聞かせした日には、ボクのなんちゃって関西弁にうれしそうで、「なんでやねん」「ほんまに?」とやたら言いたくなっていたので、

 

じごくのそうべえ (童心社の絵本)

じごくのそうべえ (童心社の絵本)

 

 

「明日は関西弁デーにするので、今日の宿題は家でたくさんの関西弁を習ってくることです!宿題ですから必ずやること!」

 

なんてしたこともあったっけなあ。

ああ、そういえば忍者デーはよくやったなあ。

教室移動の時に

「誰にも見つからないよう、気づかれないように移動する」。

ただそれだけ。笑。

 

「静かに移動しなさい!!」

よりずっと楽しい。

そして燃えます。

 

 

そんなことが好きな若い頃でした。

 

 

あの子たちも今はもう立派な社会人だよなあ。

どうしてるでござろうか。

粋な大人になっているとええなあ(なんちゃって関西弁)。