いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

学校をおもろい場所に。

 

f:id:iwasen:20220224004128j:image

 

小学校の教員を22年やった。いろんなことはあったけど、ぼくにとっては学校はいつも楽しかった。

 

子どもとつくる日々はおもろい。「〜したい」という好奇心にあふれた人々が集まり、いっしょにつくる場所がおもろくないわけがない。そうなっていないとしたら、それを阻害する特別な力が働いていると考えた方がよい。

 

 

もちろん学校には残念なことが山のようにある。話題のブラックの校則もそう。問題だらけであることは重々承知。とはいえ「だから学校はダメなんだ」は飛躍している。「学校教育はダメだ!悪だ!」とばかりに学校を悪の象徴にしても何も生まれない。

 

公立の学校で可能性を奪われていく子のために、オルタナティブな場をつくる。放課後や休日の活動の場をつくる。それで救われてい人はたくさんいる。そこには素晴らしい人々がコミットしてくれていて素晴らしい活動が広がっている。だからこそぼくは違うアプローチをしたい。せっかくたくさんの子が来る学校時代を「おもろい場所に」。そう思うのだ。だってほとんどの子がくるのだから。

 

学校を「変わらないどうしようもない場所」と置くのではなく、「学校自体がおもろくなったらいいのじゃないか」、そう思って学校づくりに関わっている。

 

その可能性にかけられる根っこには、ぼくの教員経験がある。教員になって2校目のT小学校。破天荒な学校だった。学校のお祭りは地域の保護者が食べ物の出店をだしてくれ、駄菓子のお店もある。子どもも思い思いにお店を主店。特設の舞台では出演したい人が自由に演じる。そんなお祭りが日常の行事だった。

6年生は学校でお泊まり会。校庭で小グループごとの「食べ物屋」を出し、そのイベント限定の通貨でお買い物。保護者も当然お店を出す。わるい大人はその横で夜の会のために三浦直送の巨大マグロの釜焼きをじんわり焼く。夜はキャンプファイヤー。終わると全校を使った肝試し。放送室からはこわい音楽。

大人も子供もキャーキャー喜んだあとは、教室で就寝。「日本の夜明けを見るんじゃ」と徹夜しようとする人たちも頼もしい。「大人にあまり迷惑かけるなよ」と言葉をかけて放っておき、大人は音楽室でマグロの釜焼きを摘みながら飲み会。楽しかったなあ。「地域の子を育てよう」と熱く語りながら。おおらかな時代だった。おおらかは大事。おおらかでないとよいものは育っていかない。

運動会は地域と共催。ほとんど練習もなく出たい競技にでる。徒競走に出るだけで参加賞がもらえるので、出たくなかった人もうっかり参加する。お祭りだった。

教員も仲良かった。職員旅行でオーストラリアに行ってた。5、6年の先生で沖縄に行ったり。「いい職員室をつくれないやつにいいクラスは作れない」と言ったSさんが中心でつくった職員室。放課後の教育談義は日常茶飯事だった。

飛び跳ねていた若者であったぼくにも「岩瀬さん面白いことやってるねー!」なんて言ってくれる職場だった。ぼくは少しずつ、一緒につくること、シェアすることの喜びを知った。
学級通信を全ての先生に配り合う文化だった。「低い公平性」ではなく、よいものを学び合う「高い公平性」を目指していた。
Sさんは本気で「学校は変わる」と確信していた。ぼくはそのバトンを受け取った。

 

「学校は変わる」。強烈な原体験がぼくを支えている。学校を諦めたら子どもに失礼じゃないか。どんな環境にいる人も来る学校。そこをおもろくしたい。好奇心に満ち溢れたひとが集まる場所なんだから、なんとかなるはず。大人はそこに知恵を絞ろう。大人こそ面白がろう。学校を責めても何も変わらんよ。

 

学校以外のところで子どもを救う活動、子どもの可能性を広げる活動はたくさんある。その数はどんどん増え、その質はどんどん上がっている。次は学校の番だ。

 

22年のサンプル数1の実践だけれど、その可能性を実感できた。ぼくが「おれがなんとかしなくちゃ」を手放すたびに、子どもたちはその先に軽々と進んでいった。変わるべきは大人だ。そう思えば問題は手元に引き寄せられる。子どもはいつの時代も、思う存分力を発揮できる場を待っている。

繰り返しになるけれど、ほとんどの子が来る公立の学校。その可能性を諦めるアプローチではなく、その変化可能性を追求したい。ぼくはぼくでできるアプローチを。その道は簡単じゃないけれど、これまで出会ってきた子どもを思い浮かべるたびに「それってなんとでもなるじゃん」って思うのだ。一緒につくればいい。子どもを侮っていてはいけない。

 

「常識を疑えば学校はもっとおもろしろくなる」。これはぼくが10年前に『食農教育』で初めて連載したときのタイトル。今もそう思う。自分が経験したこと学校でそれは変わらない、という思い込みを手放そう。「幸せな子ども時代を過ごせる学校って?」から再設計しよう。

自分にできることをあと10年あれこれやってみます。そんな簡単じゃないこともよくよくわかってます。夢を見ているわけではない。日々現場で疲弊している方々がいるのは、現場にいたぼくはよくよくわかっているつもり(その感覚は鈍ってきている自覚もあるけれど)。

でも可能性を手放すのは子どもに失礼だと思う。


大人が「でもなんとかなるんじゃん?」をおもしろがる。本当に子ども時代が大事だとおもうのならば、共にあれこれ試行錯誤したい。
ぼくは、あえてポジティブにその可能性を追求する役割を果たしたい。

 

2月22日に行われた、日野市立平山小学校の研究発表会。3年間にわたる学校づくりの過程の発表でした。公教育の可能性に満ちた素晴らしい場だったなぁ。

 

個別最適化と無能化と。

愛車が160000キロを超え、とうとう乗り換えです。我が家のインプレッサ。自動運転アシスト機能がついています。


前の車に一定の車間距離でついて行ってくれたり、線からはみ出すと「はみ出し注意!」という文字とともに警告音が鳴ったり、前に近づきすぎると「前方注意!」という文字とともに警告音が鳴り、自動ブレーキもついてる。運転者はハンドル操作だけしてればいいというわけです。安全安全。特に高速道路は本当に楽で、ちょっとした渋滞でも、前の車にゆるゆるついて行ってくれる。

 

2019年の1年間、軽井沢に車通勤していたわけですが、距離ほど負担を感じなくなりました。運転アシスト機能万歳!この車にして本当によかった。

 

で。時々妻の車を運転するのですが、家族でちょっと遠くのイオンまで高速に乗って買い物に出かけたときのこと。
「あー、運転感覚随分違うなー。ふんふん♩」
なんて運転していたら助手席の妻から一言。

「あなた、車の運転下手になったんじゃない?」

曰く、ブレーキを踏むのが遅くなったし、なんかフラフラしている感じがすると。やたらよそ見をするようになったと。
むむむ。自覚は全くなかったのですが、しばらく運転していると「やっぱり下手になってる。乗ってて怖い!注意が散漫!」
どうやらこの1年で本当に下手になったようだ。
「自動運転に慣れすぎてるんじゃない?」。

言われて見るとそうかも。車が注意してくれているから、そこへの信頼(という名の依存)が生まれて、ぼーっと運転しているのかも。言われてみれば以前ほど気をつけて運転していないなあ。時速も調整してくれるのでアクセル気にしないし、はみ出しそうになると教えてくれるし。やたら景色を見る余裕が出た気もする。

 

その機能がない車に乗ったときに、つまり自分の能力で運転しなくてはならなくなったときに、使わずに退化した能力を突きつけられたわけです。そういえばナビを使うようになってから、色々な場所での地理感覚や方向感覚もかなり鈍ってるな。

 

そういえば似たような心当たりはまだあるぞ。
我が家は共働きで、子育て3人をしながらのバタバタ生活を長らくしていたので、晩御飯は食材宅配サービスの「ヨシ◯イ」を愛用していました。仕事場を飛び出し、学童にお迎えに行って家に帰ると、今日の夕食分の食材が届いている。食材によってはもうすでに切ってある。

あとは付いてくるレシピ通りに作れば、30分〜40分で夕食が出来上がり。そこそこ美味しくて、栄養バランスにも配慮が行き届いている。

我が家はこのヨシ◯イのサービスにどれだけ助けられたか。買い物の時間も調理の時間も短縮できてほんとうに助けられました。ありがとうヨシ◯イ。
妻と交代交代しながら、10年近く晩御飯作りに勤しんできました。家に帰ってテキパキ料理してました。それを続けたらさぞかし料理上手になったと思われることでしょう。
それが全然できるようになってないのだ!!悲しいことに。

 

毎日ひたすらレシピに書いている通りに作っているだけで、何故ここでこの調味料を使うのかよくわからない。書いてある分量通りに「大さじ1と3分の1か」と機械的に入れるだけ。「味付けは大体これくらいだな」とか、「ちょっと味が薄い気がするから調整しよう」とか全然応用が利かないのです。なぜ今日、この調味料を使うのか、なんて考えないので、味付け力が身につかない。

「食材も測られて、必要な分だけ送られてくる」ので、どの料理に何が必要なのかが全然学ばれていかない。時々一念発起して、今日は買い物してご飯を作ろう!と思っても、「八宝菜に必要な材料は◯◯だから、買い物してこよう」という知恵が身についていない。レシピが必要なのです、レシピが。
なんで中火なのかわからない。強火じゃだめなの?なんて疑う事もなく、書かれている通り中火にするだけ。でも美味しいのができるのです。だから10年間困ったことはありませんでした。

そして今、はたと気付くのです。10年も料理を続けてきて、何もできるようになっていない、と。手際だけはよくなってるけど。
でもレシピがないとだめなのです。食材を選んでもらわないとだめなのです。10年も時間を割いてきたのに、自分のノーミソを使ってこなかったばかりに・・・・・・・応用できない。そのサービスを手放した今、つまり自分の能力で料理しなくてはならなくなったときに、使わずに伸びなかった能力を突きつけられたわけです。
もっと積極的にこのサービスを活用していればこうはならなかったはず。美味しい料理を作れるようになったはず。意識して自分の「料理力」につなげる方法はあったはずです。勿体無いことしたが後の祭り。


個別最適化してくれるサービス、痒いところに手が届き、自動でやってくれるサービスが、人の力を無能化する。
これって気をつけないと、これからの学校教育にも起きかねない。例えば個別最適化された学習。
「個別最適な問題を自動で選んでくれてその問題を解いていったらできるようになっていく、という学び方」にも同じことが起きる可能性がありそう。自分で自分の学びをデザインしたり、振り返って改善したり、と自己調整ができなくなる危険性がありそう。口を開けて最適を待つ人を育てかねない。

かといって遠ざけるのも無意味。使い方によっては個に寄り添う優れたツールと言えます。さてそのために大切なことは?
そんなことをカリキュラムを考えながら向き合っております。

 

今更,運転アシスト機能は手放せないわけで。これがあったおかげでなんとか1年通えた。ありがとうスバル。

乗り換えがちょっと寂しい。

 

f:id:iwasen:20220215062057j:image

現場が変わる仕事を。

視野を広げることと、視座を上げることと、視点を磨くことと。

ある程度経験を積んだ現場の教員の中には視野を広げることの優先順位をあげてしまいがちな人が多いけど、視座を上げるために理論を学ぶといいと思うなぁ。その意味に限っては大学院は意味のある場所だと思う。課題も山積だけどね。

広げるは行き詰まる。問い直しが起きないから。
見に行くより腹を据えて学び直そう。

その逆もまた真なりで、理論を学び続けた人は視野を広げるためにどんどん現場へ。慣れた場ばかりではなく、行ったことのない場へ。
自身の研究の射程の狭さを自覚したほうがいい。視野の狭さは、現場の縮小再生産となる。学校教育の変革に貢献しているのか、所与の強化、縮小再生産に寄与しているのか。
はっきりいうと、教育学部の研究者には後者の人が多い。

現場で実践していくには、視点を磨くこと。
子どもの何を見るのか。何が見えるのか。
それなくして実践者にはなれない。
徹底して現場にいつづけること。
自分のかけているメガネを自覚し、問い直し、解像度を上げること。そのためには他者との対話、他者からのフィードバックが必要だ。自分にばかり関心を向けるナイーブな人ではいられない。

現場が変わる仕事をしよう。
そのために自分に必要なことは、視野を広げることなのか、視座を上げることなのか、視点を磨くことなのか、考えたい。

f:id:iwasen:20220202091749j:image

 

日常の小さな積み重ねが文化をつくる

Facebookの「過去のこの日」が7年前の今日の様子を教えてくれた。

 

日々のたった20分の朝のサークル。

小さな時間の積み重ねではあるけれど、ミルフィーユのように重なり合って、大切にし合う関係が生まれていく。

 

積み重ねは、日常でしかできない。

 

ただ、時には非日常も大切で、日常から離れたところから日々を見つめてみることができる。

その行ったり来たりが手元を自覚的にする。

その上で日々の小さなことをどれだけ大切にするか、だ。

 

朝のサークルも、毎日ぼくらがどれくらいその場を大切にして、どれくらい一人一人を大切にしているかが、文化をつくる起点。

 

f:id:iwasen:20210704110044j:plain

毎日、朝のサークルからスタート。
ぼくは離れたところで聞いている。

「おはようございます。近くの2,3人で健康観察してください-」
「具合わるい人いる?」
「○○がのどが痛いそうです」
「○○が小指が痛いって」「なかなか直らないね-」
「○○が休みだ」
「昨日から,明日は都合で休むっていってたもんね」

次に、ホワイトボードの議題に入っていきます。

「連絡報告いきます。返してない本を返してください,図書委員より。というと?」
「もうすぐ夏休みなので、借りっぱなしの本は早く返してください。あと夏休みの貸し出しは3冊までです」

はーい。借りに行こうぜ-。イワセン、時間とってくれるんじゃない?

「他に連絡ある人いる?」

「<いいクラスにしたい,相談したい>にいきます。『算数テストいつごろにする?』。というと?」

「算数、だいぶ進んできていて、10時間全部使わなくてもテストできちゃうと思うんだよね。後どれくらい必要?
近くの人と話し合ってみてー」
ファシリテーターの子が進めはじめた。

今日が算数7/10時間目。
「もうカンペキという人もいるし、ハイクラスとか活用問題やっている人もいるけど、まだ不安という人もいるよね。」
「じゃあ、指で後何時間ほしいか出してみて、せーの」
だいたいの子が指1本。中にはOKサインで「0」の人もいる。
「あと1時間ぐらいなら、今日勉強して,月曜テストでいいんじゃない?」
「あ、でも今日3,4時間目は雨でプールに入れないだろうから、2時間目に最後の確認して3時間目にテストしちゃえば?」
「いいねえ。」
「でも、復習したい人もいると思う。だから今日2時間目やって、土日に復習したい人は復習して,月曜にテストの方がいいと思う。私は復習したい。」
「ああ、そっかー」
「今決めちゃわないで、2時間目最後の勉強して、その時にみんなに今日やっちゃうか,月曜の方がいいか聞いたらどう?」

ああ。それがいいね。そうしよう。そうだね。

「じゃあ、それでいいですか? 2時間目終わるときに聞きます−。
 いわせーん、それでいい?」

「了解でーす」

「では次行きます。今月の生活目標は「身の回りの整理整頓をしよう」でクラスの目標きめなくちゃならないので、みんなアイデアだしてください。」

「机の中からプシュっとものが出るようにする」 
「プシュ!は絶対入れてほしい」
「英語で訳そう。HPDSでどう? 必要なものをプシュっと出せるように」 笑
「いらないものはゴミ箱へ捨てる」
「忘れ物をしない」
「WSだね」
「それって整理整頓なの?」
  :
  :
  :
『これで決まりでいい?」

と、ここまでで10分。

「最後にイワセンの話です」
「あらためておはよー。
今日は特にないので絵本読みます。
『ソメコとオニ』です。昔国語の教科書に載っていたんだよ」
「モチモチの木の人じゃない?」
「そうそう!じゃ、よみます。はじまりはじまりー」

 

iwasen.hatenablog.com

当事者であることと、外から関わること。

昨日は某公立校で90分の研修。

2年ぶりの公立での研修だった。

 

明日の実践のために何を残せるか。

一人ひとりの、そして職場をエンパワーするために何ができるか。

研修に入るときは全力でそこにフォーカスできる。

 

自分の職場になると、なんか立ち方が変わってしまうのはなぜなんだろう。

 

もし外の場に立つように中で立つと何が起こるんだろう。

そもそも違うのか、同じなのか。

ここに本質的なことが隠れているように思う。

 

体調悪いから、はよ寝よ。

 

 

f:id:iwasen:20210610231334j:plain

 

感染動機

ブログ、じわじわ復活させていこうと思う。

以前は「書きながら考える」という感じで気楽に書いて、推敲もせずにブログにあげていた。自分の整理のため、自分の思考のため、自分の内省のために書いていて、読み手にもなにか引っ掛かることがあったらいいな、ぐらいのスタンスだったのが、いつの間にか読み手や編集者を意識しすぎるように。

自ら評価に縛られるという。

 

リハビリを兼ねて、気楽に書き散らしていこうと思う。

今日、新しいプロジェクト始まるということで、授業を覗きに。

「世界とつながるワールドアンバサダープロジェクト」。

何やら本当に海外に行くことを目指すらしい。

 

聞いているうちにスタッフの語りに惹きつけられて長居をすることに。本人の芯から出ている言葉はきき手の芯と共振していく。

 

「突然ですが、ひとり1ミッションです!今から渡します。ウェブ検索は禁止。30分後までに回答見つけてきてちょ!」

という突然のインストラクションとともに、ミッションを渡されて部屋を飛び出していくことに。

「ゴリさん(ぼくの呼び名)もどうぞ!」

 

ミッションを渡されてしまった。

f:id:iwasen:20210609105255j:plain

「ニュージーランドでしょ?」

「ぶぶー。はい調べてきてくださいー」

 

30分ライブラリーで必死で調べた。

全員ミッションが違っておもしろい。この一手間。30分で!という負荷もモチベーションを高める。

ライブラリーで調べる人、本が見つからずにいろんな人にアンケートをとって答えを推測する人、「世界で一番小さい島は?」のミッションでは、世界地図をじっと眺めて探す人も。

 

いやーおもしろかった。

気がつくといろんな国の情報が集まって、関心の幅が自然に広がっていっていた。

見事なデザインだったなー。

 

というわけで本気のプロジェクトが始まった。

授業者がどうやって情熱をエネルギーに海外に向かって行ったのかの物語(ナラティブ)は、中学生たちの気持ちに届いていく。授業者の情熱に感染していく中学生たち。

感染動機ってプロジェクトの設計で実は重要なんだよな。時には「よい問い」や「探究しがいのある概念」よりもずっとずっと。

本当に海外に行くことをゴールに、ガシガシ進んでいくようです。実現できるような気がしちゃったから不思議だ。

 

午後は、近隣の公立小学校(風越の連携校)で90分いただいて、学級経営の研修。情熱を持って場に向かえたじゃないかな。

昨日からの体調不良で、そのまま直帰。

 

情熱に感染して気持ちはとても元気になった1日だった。

 

ところで羊の頭数世界一は?

オーストラリアでもないよ。

ググるの禁止!

 

 

教室情景の見える化&インフォーマルなコミュニケーションの大切さ。

Facebookからの転載です。

 

【学校の情景の見える化】

 

 新学期スタート。保護者と良好な関係を作りたいと考える一方、コロナ禍で懇談会が行われるかも見通せず、どうやって関係をつむいでいくか悩む4月初めです。

 

保護者と直接会ったり話したりする機会も時間も極めて少ない。

その結果、共有できている情報や情景は、我が子から漏れてくる断片のみ。ごくわずかになります。

この情報の共有の少なさが「不信」や「不安」を招きやすい。

つまり、

 

・保護者にとっては学校での子どもや学級の様子がわからない(関心が高いにもかかわらず)。

・教員にとっては家庭での生活や、保護者の思いや考えを知るチャンスが少ない。

・直接コミュニケーションをとる機会と時間が極端に限られている。

・連絡を取り合うのはトラブルが起きた時(マイナス状況)が多くなる。

 

 

「幸せになってほしい。そのための力を身につけてほしい。成長してほしい」。

実は保護者と教員の思いは大きな方向で一致しています。場所は違えど同じ子の幸せに関わっているからです。にもかかわらず、保護者と教員はコミュニケーションをとる機会がほとんどありません。

 

お互いのことを知らないまま進んでいく学校。

保護者は、子どもからの断片的な話や噂(LINE等々・・)、かつての評判などの少ない情報から学級で起きていることを推測するほかありません。保護者も我が子の学級への関心は高い。少ない情報を何とか集めて全体像を想像しようとするのはある意味当たり前のことです。

 

一方教員にとっても保護者と関係を築く機会がほとんどなく、連絡を取り合うのはトラブルがあったときばかり・・・

 

これではいい関係を築けるはずもありません。

お互い違う情景をみながらの断片的なコミュニケーション。

同じ子を見ているのに、全く情景を共有していないのが現状です。

 

そこで、

【まずは学級でのポジティブな情報を保護者に伝えるチャンネルを複数持ちましょう。】

例えば、

 

・校内SNSを活用する

・写真や学級通信で様子を伝える

・教室のエピソードを電話や手紙、連絡帳等で、短くてもいいのでこまめに伝える

・会って話す機会を設ける

・参観や懇談会で子どもの普段のステキな姿を共有したり、保護者の思いや感想を知る機会を作ったりする。

・授業参加の機会をつくる、一緒に授業を創る    等々。

 

目的や状況、関心に応じて方法は山ほどあります。



教員は毎日子どもたちを見ていますから、一人一人の成長やかかわり、エピソードを見つけられる立場にいます。

それを様々な方法で保護者に伝えるチャンネルを持ちましょう。

例えば学級通信。授業の様子や子どもたちのエピソードを伝えることで、情景を共有でき「子どもを大切にしてくれている」ということが伝わります。

また個人的に電話や手紙、一筆箋などで、その子のポジティブな情報を伝える等々、方法はほんとうにいろいろ考えられます。

 

複数持つというのがポイント。一つのチャンネルだけでは共有できない可能性もあります。どのチャンネルが自分や保護者とマッチするかもわかりません。いくつかプロトタイプを試してみましょう。



その結果

子どもや学級の様子が保護者に伝わり、一緒に成長を喜んだり、保護者と担任が子どものことで対話できるようになっていったりして、良好な関係が少しずつ築かれていくはずです。

保護者にとっては、他の誰でもない我が子のことを知りたい!!(親として切実)。

 

【教室情景の見える化】で保護者とコミュニケーションをとるよいきっかけができるかもしれません。

今の学校では保護者がやれることが少ない。動くならまず学校、教員がきっかけ作りをすることが必要です。

 

何もせずにいい関係が作れる、なんてことはないのです。

実践やエピソードの発信の先の優先順位圧倒的1位は外部やネットではなく、まずは最も身近で「知りたい!」と思っている保護者です。「保護者対応」なんて失礼な言葉を使ってる場合ではないとぼくは思います。何も伝えてない(情報の非対称)のに、「保護者は分かってない」とか「いろいろ要求してくる」なんて失礼極まりない。



追記。
メールで、2年目の若い先生の相談に乗っていて気づいたこと、それは
「共有すべきエピソードを持っていない」≒一人ひとりとのコミュニケーションが少ない、ということです。

まずは一人ひとりとの関係をつくること。そのためにはまずは一対一のコミュニケーションの量です。一斉授業をしていてはその機会はなかなか難しい。

ぼくはインフォーマルな時間を活用していました。

朝早めに教室に行って子どもたちを迎え、登校してきた子たちとおしゃべりしたり、ゲームしたりする(相手は毎日変えて公平であることが重要)。
休み時間、給食の時間にも毎日相手を変えておしゃべりする。

行間休みは、子どもと一緒に遊ぶことの優先順位をあげる(これほんと大事)。
このようなインフォーマルなコミュニケーションの時間が実は最も大切だったりするわけです。まずは一対一のコミュニケーションの量です。

これだけで結構なこと解決するんじゃないかな。

 

学級の名簿を見てみましょう。一人ひとりとどんなコミュニケーションをとったでしょう。どんなエピソードがうかぶでしょう。その子はあなたといい関係を築けている、と思っているでしょうか。


若いうちは、例えば授業の技量が高くないのは仕方のないこと。でも年齢が近い分、関係をつくりやすいかもしれない。悩む前に手と足を動かしましょう!

コミュニケーションの壁を下げるべきは、まずは自分です。自分から子どもに向かっていくのがスタートです。先生としてではなく、ひとりの人として学級のすべての人と出会いましょう。豊かな関係をつくっていきましょう。

朝、学級の子に会ったら、「おはよー!昨日さー」と向こうから話しかけてくれておしゃべりがスタートするようになっていたら、「先生ってクラスのみんなと仲いいよね」と公平に見えるようになっていたらいいなーと思います。



では良い1日を!