読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

すごい漢字字典が発売された! 速報パート1

すごい漢字字典が発売されました。
その名も、

『はじめてつかう漢字字典』

はじめてつかう漢字字典

はじめてつかう漢字字典

はじめてつかう漢字字典

はじめてつかう漢字字典

これ、すごいですよ。画期的です。
今日は小1娘の様子から実況中継してみます。


この本の最大の魅力の一つ。それは、
字を表している絵がマンガになっていること。
ストーリーがここで語れちゃうんですよね。
小1娘、早速
「お団子が8個だったのに、1個1個たべて6になってるねー」
とおしゃべり。

絵を見て楽しんじゃえるってすごい。
各ページが絵本のように楽しめます。
そのうちに漢字が目に飛び込んでくる。

「右って石に似てるね。どこだっけ。あ、あった。ここがでてないんだな」

漢字に一番興味があるであろう1年生から使えるというのがこの字典の最大の魅力です。



そして、オールカラー。それでこの値段。
1000円って!!

『子どもたちに届けたい」という著者の思いが伝わってきます。
ソフトカバーも使いやすくていいですね。


学年別に漢字を配列しているのも実は画期的。
これなら小さい学年も使えますし、
部首や読みで引かなくても探せます。




メインキャラクター(おんちゃん、くんちゃん)の存在もいかしてます。
この2人(2匹)が漢字の世界に楽しく誘ってくれます。


1年娘は「おばけちゃんさがし」を始めました。
なるほど、ウオーリーのようにも楽しめるのか!
徹底的に子どもの目線で、あそべる字典

そうだよなあ。
どうしてボク達は、『漢字ドリル』で「ひたすら練習」することを当たり前と考えてしまうのだろう。
漢字の世界はもっと豊かで楽しい。

その原点を思い出させてくれる字典です。
今日の20分くらいで、娘は思いっきり楽しんでました。
「寝る前にベッドで読もう−!」
とうれしそう。


これ1冊でいろんな授業の構想が浮かびます。
一人1冊ずつ机に置いておいて、いつもぺらぺらめくるのもいい。
この字典であそびをみんなで考えるのもいい。

ああ、オトナもこれを使って
「漢字で遊ぶワークショップ」なんてするのもいいな。


ああ、来年度は漢字ドリルのかわりに、一人1冊これを購入するのもいいなあ。
そこから公教育の漢字学習が大きく変わるかも。

新たな可能性を感じる1冊です。

すてきな字典を子どもたちに届けてくださった首藤さん、フレーベル館に感謝。


次回は小6息子といろいろ楽しんでみます。
速報パート2を、こうご期待!