読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

我が子や小学校で、一緒に読んだり読み聞かせしたりしてきた絵本50冊 パート①

さて、今日は「我が子(3人います)や小学校で読み聞かせしてきた本」をあげてみたいと思います。

前回の読み物50冊以上に好みが分かれること必至。

あくまで「ボクが好きな絵本」です。

 

知らない素敵な絵本は山ほどあるんだろうなあ。

20分に限定して思いつくままに。できるだけ時代やジャンルを混ぜてみたい。

順不同です。

 

 

・・・・

リスト作ってみて感じましたが、好きな本って本当に人それぞれ。

その本とどのように出会ったか、も重要な要素ですよね。

どの絵本がいいか!というのはけっこうナンセンスで、

自分の好きな絵本を見つけて、ストーリーと自分がつながったり、

ストーリーを共有することで友だちとつながったり、

絵本を介して、読んでくれる大人の愛を感じたり。

 

それぞれがそれぞれの絵本との出会いがあるといいなあと思います。

あなたの「思い出の1冊」はなんですか?

 

こういうリストって、

「あ、この本読んだことないや。読んでみよっかなー!」ぐらいでいいんだと思います。 

 

 

おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ)

おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 ロシア民話なんですよね。せたていじ訳の絵本はどれもいいなあ。

原題が興味深いですよ。みてみてください。最後の狐の顔が秀逸。 

 

2,

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

これもまたせたていじ。マーシャ・ブラウンとのタッグなんて最強。

子どもの頃何度も何度も読んだなあ。

 

3,

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

 

おだんごぱんもそうだけど、ロシア民話って けっこう読まれている。

うちの真ん中の子はこれで劇をやっていたなあ。絵がステキ。

 

4,

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)

 

 子どもの頃これを読んで何度ドキドキしたことか。

押し入れに何度はいってみたか。

 

5, 

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)

  • 作者: ミシェルヌードセン,ケビンホークス,福本友美子
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2007/04/20
  • メディア: 大型本
  • 購入: 6人 クリック: 83回
  • この商品を含むブログ (55件) を見る
 

 えほんにとって「ライオン」って重要なキャラクターなんですよね。

いや物語にとって、かな。『ライオンと魔女』もアスランがでてくるし。

 

6,

じがかけなかったライオンのおうさま

じがかけなかったライオンのおうさま

  • 作者: マルティンバルトシャイト,Martin Baltscheit,かのうのりたか
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 大型本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 ライオンつながりで。

これ、狭山市立図書館の司書のYさんに教えていただきました。

「ちがーう、そんなんじゃなーい!」とみんなで声を合わせたくなります。

 

どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))

どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))

 

 個人的に一番好き。母親が毎晩読んでくれたんだよなあ。

今でも母の「ぬきあし、さしあし、しのびあし−」の声が頭に残っています。

絵本で思い出が重なりますね。

 

8,

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)

 

 ボクの読み聞かせのテッパン。どきどきを子どもと共有できます。

 

くぎになったソロモン

くぎになったソロモン

  • 作者: ウィリアムスタイグ,William Steig,おがわえつこ
  • 出版社/メーカー: セーラー出版
  • 発売日: 2012/04
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

これもスタイグだけれど、ちょっとシルベスターと展開が似ているかな。 

 

9 

 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 やっぱりこれは外せないなあ。

 

10

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

 

 詳しく書くとネタバレになっちゃうので、是非とも手にとってほしい絵本。

素晴らしいアイデアです。

 

 

11

 

だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)

だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)

 

 何度読んでも涙が止まらなくなる。学年の最後はいつもこれを読んでいました。

 

 

12,

 

ヘンリー・ブラウンの誕生日

ヘンリー・ブラウンの誕生日

  • 作者: エレンレヴァイン,カディールネルソン,Ellen Levine,Kadir Nelson,千葉茂樹
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

高学年なら、例えばこういう絵本も読んで一緒に考えたい。

 

13,

 

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

 

 我が家の一番下の子が大好き。

続きを自分でつくるのもいいなーと思います。

 

 

14,

 

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

 

 子どもの頃繰り返し繰り返し読んだなあ。あの本はどこにいったのだろう。

 

 

15,

 

ふゆめ がっしょうだん (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)

ふゆめ がっしょうだん (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)

 

 「かがくのとも」シリーズはいい絵本がたくさんあります。

たくさんお家や学校に置いておきたいシリーズ。

 

 

16,

トイレのおかげ (たくさんのふしぎ傑作集)

トイレのおかげ (たくさんのふしぎ傑作集)

 

 同じように「たくさんのふしぎ」も。

福音館のシリーズは宝物ですね。

 

17,

 

これはのみのぴこ

これはのみのぴこ

 

 言葉あそびの楽しさ。しばらく「のみのぴこ」あそびが流行ります。

長距離ドライブで飽きたときの車の中のあそびでも。和田誠の絵が好き。

 

18,

 

かないくん (ほぼにちの絵本)

かないくん (ほぼにちの絵本)

 

 最近の絵本。「死」を正面から扱っています。松本大洋の絵がすばらしい。

 

 

19

 

パイルドライバー (fukkan.com)

パイルドライバー (fukkan.com)

 

長谷川集平の絵本はどれも好きだけど、一つと言われたらこれか、

 

ホームランを打ったことのない君に

ホームランを打ったことのない君に

 

 これかなあ。

 

20

 

急行「北極号」

急行「北極号」

  • 作者: クリス・ヴァン・オールズバーグ,Chris Van Allsburg,村上春樹
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2003/11/10
  • メディア: 大型本
  • 購入: 4人 クリック: 61回
  • この商品を含むブログ (56件) を見る
 

 オールズバーグの絵本は美しい。

 

21

名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)

名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)

  • 作者: 村上春樹,Chris Van Allsburg,クリス・ヴァン・オールズバーグ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1989/09/01
  • メディア: 大型本
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 この絵本も捨てがたい。ボクはこっちの方が好きかな。読み聞かせの定番。

 

22

 

1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし

1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし

 

 珍しい算数絵本。本のつくりもいかしてます。

 

23

 

ウエズレーの国

ウエズレーの国

  • 作者: ポール・フライシュマン,ケビン・ホークス,Paul Fleischman,Kevin Hauks,千葉茂樹
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 大型本
  • 購入: 2人 クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (29件) を見る
 

わんぱくはねっかりだんしだったボクは読むとドキドキしますよー!!

 

24

 

しろいやみのはてで (あらしのよるにシリーズ)

しろいやみのはてで (あらしのよるにシリーズ)

 

 昔、「あらしのよるに」でクラスで劇を創って上演したことがありました。

全冊を1つのシナリオにして。

最後にこの絵本を全員にプレゼントした思い出があります。きむらゆういちさんにダメ元でお願いしたら、なんと全員にサインを書いてくださいました。忘れられない1さつ。

 

25

  

おめでとう おひさま (おひさまのほん)

おめでとう おひさま (おひさまのほん)

 

 とってもやさしいメッセージの絵本。

大切な人にプレゼントしたい。

 

26,

 

ヤクーバとライオン 2 信頼 (講談社の翻訳絵本)

ヤクーバとライオン 2 信頼 (講談社の翻訳絵本)

 

 子どもたちと一緒に「勇気」を考える絵本。

 

27,

 

どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと

 

 あべひろしの絵がいいですね。

クラスで、みんなでウンウンうなりながら考えました。

どっちがわるかったんだろう?って。

 

28

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

 

 これも子どもの頃から好きだった−。センダックはいいですよねー。

絵の迫力が子どものボクのハートをつかみました。映画は残念だったなあ。

 

 

 

29

ハンタイおばけ

ハンタイおばけ

 

ユーモアあふれる絵本。子どもって絶対この「はんたい言葉」大好きです。断言。

 

 

30

じごくのそうべえ (童心社の絵本)

じごくのそうべえ (童心社の絵本)

 

ボクの読み聞かせのテッパン中のテッパン。ほとんど空で言えます。

なんちゃって関西弁ですが・・・

 

31

からすたろう

からすたろう

 

心に響く1冊です。大学生の時に読みました。

 

 

32

 

かさをささないシランさん

かさをささないシランさん

 

 教員1年目の時に、先輩の先生が教えてくれた絵本。

今もう一度読みたい絵本。

 

 

33

 

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

 

 なんどもなんども口ずさみたくなる!佐野洋子さんの絵本。

 

34

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 佐野洋子さんといったらこの絵本を外すわけにはいかないなあ。

職場で大人で読書会したことを今思い出しました。

大人が読んだ方が味わい深いのかも知れません。

 

 

35

 

かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)

かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)

 

 子どもの頃号泣した思い出があります。今の子はどう読むのだろう?

 

 

36

 

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本

 

 本はアニメなんですよね。絵本としての評価は賛否あると思いますが、

ボクは好きだな。映画もステキ。この絵本を読んでから、子どもたちと「読むと言うこと」で、てつがく対話したなあ。

 

37

 

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)

 

 武田さんの絵本や読み物は子どもたちに人気。読むとわかります。子どもたちの心にひだに届くんですよね。

 

にんきもののひけつ (にんきものの本)

にんきもののひけつ (にんきものの本)

 

 この人気者シリーズは森絵都とのタッグ。最高です!

 

38

 

よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 静かな、音のない絵本。キャンプで読みたいな。

 

39

 

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 これも子どもの頃好きだったな−。まつおかきょうこさんの訳本もテッパンです。

うさぎの表情がすてき。愛するっていいなあ。

 

40

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

 

 スーザンバーレイは、教科書じゃなくて絵本で読みたい。

 

41

 

かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)

かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)

 

 楽しい数あそびの絵本。みんなで声をそろえるのが楽しいです。

 

 

42

 

わたしのワンピース

わたしのワンピース

 

 どうして子どもの心をここまで捕らえるんだろう。うちの子暗唱してました。

 

 

43

 

くまとやまねこ

くまとやまねこ

 

 悲しく、美しい物語り。湯本さんらしいストーリー。

 

44

 

きみの行く道

きみの行く道

 

 ドクタースースの名作。旅立つ時に。

 

 

45

勇気

勇気

 

これもまた旅立つ時に読みたい。

 

46

 

彼の手は語りつぐ

彼の手は語りつぐ

 

 フォルカー先生を書いたパトリシアポラッコの作品。

ボクたちはこの手で何を語り継ぐのか。

 

 

47

 

時計つくりのジョニー

時計つくりのジョニー

 

 探求していくってこんな感じ。

 

48

 

おこだでませんように

おこだでませんように

 

 保護者会で毎年のように読んでいました。

子どもの気持ちにより添いたいなあ。

 

49

 

てん

てん

 

 もう何度読んだかわからない。

子どもに関わる大人は読んで語り合いたい絵本です。

英語版もいい。 

The Dot

The Dot

 

 

 

50 あなたの好きな絵本を教えてください!

 

絵本はとても50冊では収まらない−!!!

できるだけいろいろな絵本を、と思ったら、あれもこれもまだ入ってない-!!

 

いつでも会える

いつでも会える

 

 も、

 

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 も

 

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 も入ってない-!

絵本恐るべし。

 

というわけで、今日も発作的に自分の好きな絵本という独断と偏見のリストでした。

 

とてもとてもおさまりませんね。

でも今日の49冊は、ボクは特別大好きです。