読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

『君の膵臓をたべたい』よかったよー!

高校生の時。

彼女がいました。

でもあんまりにステキな子で、

基本的に「なんでボクなんかと付き合ってくれてるんだろう?」

という思いが奥底で消せないままでした。

決定的に自分に自信がなかったんですね。

 

 

高校が違いましたが、家は近所だったので、

毎晩、飼い犬のロンの小屋の前でおしゃべりしてました。

 

付き合い始めて1年ぐらい経ったときのこと。

「あのなあ、友だちに遊園地に行こうって誘われてんねん。

 男子やけどな。行ってもいい?」

どきっとしました。

イヤに決まってるのに。

そうは言えなかった。

そんなこと言ったら小さい人と思われるんじゃないか。

そもそもオレなんて引き留められるほどの人でもないし。

自分がその人に勝ってるとも思えないし・・・

「ええんちゃう?」

「・・わかった。じゃあいくわ!」

 

 

程なくしてボクはふられました。他に好きな人ができたと。

ボクも引っ越しが決まり、偶然顔を合わせることもなくなりました。

 

 

さらに1年半がすぎ、ボクは東京の大学に合格し、東京に行くことになりました。

突然彼女から、「大学受かったん?」と電話。

久々にあって話をすることになりました。

とりとめもなく近況を報告し合った後、

 

「あんとき振られたのはほんまショックやったわー!今でも付き合ってるん?」

と軽口をたたくぐらいには心の整理ができていました。

 

「・・・・ほんまにそう思ってるん?」

なにをいっているのかわかりませんでした。

 

ボクがいつも遠慮がちだったから、私のことが好きじゃないのではと思っていた。

全然自分からこうしようとか、どこ行こうとか言ってくれない。

何を言っても「それでいいよ!」と言う。

自分のことを好きじゃなくて気持ちが引いているんじゃないか。

だからウソをついて試したんだと。

そしてあっさり「いいよ」と答えられて、やっぱりそうなんだと。

 

 

自分の劣等感が人を傷つける。

 

 

あのとき自分の本当の気持ちを、たった一言、言えていれば。

自分を守るために本当の気持ちを言わないことで、どれだけ人を傷つけるか。

 

今思い出しても胸が痛みます・・・

 

 

かあーーー!!恥ずかしいぜ-!!

いい年のオジサンが、自分の高校生の思い出話を、恥ずかしげもなく語りたくなような、自分の思い出が蘇ってくる小説でした!

自分で語って赤面。でも、まあいいか。

 

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 

 

 

 

親友、KAI(甲斐﨑博史)がオススメしていた本。

夜中まで一気読みしてしまった。

これがデビュー作。KAIが言うとおり、文章は「刺身」のよう。

生きがよくてピチピチしています。

ラストが蛇足だなあと感じたけれど、それを含めて楽しめた。

 

オジサン必読ですね。いやー、泣けたぜ。

オジサン、オバサンの方々は、是非読みましょう〜。

 

とはいえ、

中学生ならブッククラブで楽しめるんじゃないかな。

ぜひ対話しながら読んでほしいなあ。

このページを見ているかも知れない中学生のみなさんへ。