読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

いいことアンテナ

ボクらの頭の上には、「いいことアンテナ」「わるいことアンテナ」がたっています。

 

「いいことアンテナ」は、自分の周りにあるいいことをキャッチするアンテナ。周りの人のいいところやいい行動、周りの人への感謝などをキャッチします。

学校の先生にとってはこのいいことアンテナは、クラスのいいところ、一人一人のいいところ、いい行動、成長、進歩をキャッチするアンテナです。

ようは、「プラスの情報をキャッチするアンテナ」です。

 

反対に「悪いことアンテナ」は悪い情報をキャッチするアンテナ。周りの人の欠点や失敗、よくない行動、気になる言動、等をキャッチします。

ようは、「マイナスの情報をキャッチするアンテナ」です。

 

 

ボクには、どちらのアンテナも備わっていて、頭にぴぴーんと立っているのですが、ボクの場合、かつては「悪いことアンテナ」の性能が圧倒的に高く、マイナス情報の電波ばかりキャッチしてしまっていました。

「悪いことアンテナ」でとらえた電波は、自分の中に「不快」を生みます。

それが気になって、その「不快」を解消したくて、クラスの子どもを責めたり、怒ったりして、何とかその「不快」を取り除こうとしちゃうんです。他人のせいにしちゃう。

困ったことに、「悪いことアンテナ」は使えば使うほど性能がアップしてしまいます。

微弱な電波もキャッチしちゃうんです。

そして悪い循環が生まれてしまいがち。

子どもたちの「悪いことアンテナ」も磨かれてくるんです。

お互いの悪いところを指摘し合う。責め合う。

 

 

このままじゃいかん。

 

 

そう思って、意識して「いいことアンテナ」の性能アップに努めました。

プラスの情報は、どんな微弱な電波でも拾えるように心がけています。そうするとうれしいことに、どんな微弱な電波もキャッチできるようになってくるんです。性能がアップしてきたなあと、ようやく実感できるようになってきました。「いいことアンテナ」で拾った電波は、自分の中に「快」を生みます。「快」なので、それだけで笑顔でいられます。

 

「いいこと」って実は特別なことじゃないんです。

「あたりまえにできていること」。

教室にはそれがたくさんあるはず。

その中にステキがあふれているはず。

 

 

見つけてそれだけで終わりにしてしまうのはもったいない。

大切なことは、そのキャッチした電波を、きちんと「放送」することだなあとも思っています。

放送とはもちろん比喩で、うれしさや感謝を伝えたり、事実をそのままフィードバックしたり、時にはお手紙や学級通信で伝えたり。

「ほめる」とは違うんですよね。

 

そうすると、先生をモデルに、自然に子どもたちの「いいことアンテナ」の性能もアップしだします。

お互いのいいところを見つけ、自然に伝え合うのが上手くなってくるんです。

不思議なぐらいいい循環が生まれてくるんです。

 

まずはボクの「いいことアンテナ」を磨くこと。

そして、そのプラス情報を積極的に、自然にシェアしあうこと。

そんなことを意識すると、ちょっとずつ日常が変わってきます。

 

もちろん時には、「わるいことアンテナ」がにょきにょきと伸びてきてしまうのですが・・・

これは何も学校に限りません。

家で我が子に対しても、妻に対しても意識しなくちゃ。我が子に対してはついつい「悪いことアンテナ」が優勢で・・・

結局、まず変わるのはボクからなんだなあと実感する毎日です。

 

 

明日はあなたの「いいことアンテナ」が電波をキャッチしますように。

ボクの「いいことアンテナ」が電波をキャッチしますように。