読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋

Mailは「naoki.iwase★gmail.com」です。(★を@に変えてください。スパム対策です)

NHKの動画。eboard。

このページはいいですね。

http://www.nhk.or.jp/school/

今日、理科の「人のたんじょう」を子どもたちと見ました。


視覚から学ぶのが得意な人は、
家庭学習でこの動画を使って学ぶのもいいんじゃないかと思います。
ネット環境がなくてはですが、
こういう選択肢が広がるのはいいですね。


こういうのもあります。


http://www.eboard.jp/


ボクはこのeboadを応援しています。


eboadが目指すもの、ここに共感するからです。

「学びをあきらめない社会」へ
日本に、不登校の子がどれくらいいるか、ご存知ですか? 小学校から高校までで、毎年約17万人。 中学校では、およそクラスに1人。
実は、彼ら/彼女らには、ほとんど体系的な学習の機会がありません。
そうした子ども達の多くが、通信制定時制の高校に通いますが、 中退率は高く、卒業後の就業率も低い状態となっています。
それでは、毎日学校に通う子どもたちは どうでしょう?
国学力テストによると、中3生のうち、中1の内容をしっかりと理解している子は約半分。 中には小学校からの復習が必要な子もいます。
1日の多くを過ごす学校での時間が、よくわからないまま進んでしまう子がたくさんいるんです。
だから、みんな塾に通います。 実に、中学3年生の7割以上が塾に通う現在。
しかし、一方で、6人に1人が学校に通うための経済的な援助を受けています。
都会に住んでいると想像もできませんが、日本の小学校の1/7、中学校の1/10は、塾がないような過疎地域にあります。
知っていましたか? 同じ日本でも、これだけ環境がちがうこと。
学校に行けないから… 僕の家はお金がないから… ここは田舎だから…
そんなことで、あきらめてほしくない。
私たちは、インターネット上での学びをつくり、教育現場へのサポートを通して、
「学びをあきらめない社会」を実現していきます。

より多くの子どもに届く方法。
ボクも探していきたいです。


もしこのページを見ている方にお子さんがいたら、
もし学校の先生をやっていたら、


これらをぜひ選択肢の一つとして持っていてください。
試してみてください。
学び方はいろいろです。